金利の変動でローンの借り換えを検討

時代は超低金利!変動金利タイプへの借り換えなら今がチャンス

 実際のところ、住宅ローンを組む際には金利が気になりますよね。金利が安かったらそれでいいのですが、金利が高かったら長い目で考えて負担額も大きくなります。そして、固定金利、変動金利と金利のタイプがありますが、固定金利の場合は、支払い終了までずっと変わらない金利額に対して、変動金利はその時期によって金利が変わります。

 今のこの時代の金利は超低金利で、変動金利タイプで返済を行うには適している時期ではあるのですが、将来的には確実に金利は上がるでしょう。しかし、繰り上げ返済を経て住宅ローンを返済していく当てがあるのであれば、変動金利タイプでの返済方法が割に合っているかも知れません。

 未来の事はだれにもわかりませんが、この今の状況であれば、急な金利の変動はないと考えられますので、この金利の安い時代に変動金利タイプで住宅ローンを組む方法は理にかなっているのです。

 そして、住宅ローン借り換えとして金利の変動でローンの借り換えを検討するのであれば、まさしく今の時期が最良と言えるかも知れません。新規で変動金利にするにはちょっと勇気は必要ですが、借り換えで変動にするのであればリスクも多少少なく済みますから。

 何はともあれ長い目で返済していく住宅ローンですから、金利は安ければ安いだけ負担額が減るという事を覚えておいたほうが賢明です。