住宅ローンの借り換えは慎重に

借り換えで損をする場合も 慌てずしっかり見極めてから実行しましょう

 現在、史上最高の低金利時代に突入してそれと同時に住宅ローンの金利も引き下がっています。住宅ローンの金利が下がっている、ということは、過去に住宅ローンを組んだ人にとっては残念な話です。なぜ、残念なのかといいますと、過去に住宅ローンを組んだ人の方が金利が高い状態で返済しているからです。1パーセント以上も金利が引き下がっているのであればなおさらのことです。

 大体住宅ローンの金利と言えば、数千万円単位での借入になりますから、1パーセントの金利の差だけでも数百万円単位で差額で出てしまいます。数百万円単位となればそれは結構大きな金額です。ですから、この金利の安い時代に住宅ローンの借り換えをすることでそれを解消することが出来るのです。

 しかし一概に金利が安いと言っても、返済額が1000万円以下だったり、残りの返済期間が短かったりすれば、借り換えをしても意味がありません。それは、借り換え手数料が発生するからです。借り換え手数料を支払っても損はないと断定出来ればいいのですが、借り換え手数料を支払って損をしてしまうとなれば、借り換えは控えた方が賢明です。ですから、住宅ローンの借り換えは慎重に行わなければいけないのです。