フリーターも審査に通る住宅ローン

フリーターでも審査に通る住宅ローンがある?

フリーターでも住宅ローンを借りることはで切るのでしょうか?毎月のローン支払いをしていると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。

そんな時には、繰り上げ返済をしてみる事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

審査に通りやすいとかだけを見ずに条件も確認しましょう!フリーターが新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたいポイントがありますのでこれからお話しますね。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと月々の負担に押しつぶされてしまいそうになることも・・。

フリーターに対して住宅ローン審査が厳しい銀行であったとしても、物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

住宅ローン審査が通りやすい銀行の審査に通りめでたくローンを借りれたとしても、返している途中にもし、失業するような事があれば残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

フリーターが住宅ローンを組むためにはまず、どこの銀行に申し込みをするか条件や審査が厳しいなど色々比べてココというところを決めないといけません。

ネットバンク・労金・メガバンクなどフリーターでも住宅ローンを借りられる金融機関は数多くあります。

参考:フリーターも住宅ローンが組める?審査基準甘い銀行【おすすめは?】

金融機関ごとに住宅ローン審査基準はことなりますが、審査に通るとネット銀行は実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低いのが特徴です。

ネットバンクはローン返済額を少なくしたい方や多忙を極める人にとても人気がある住宅ローンです。

住宅ローンを組む時にフリーターの方が一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が通りやすいか通らないかが違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

アルバイトで家を建てるとなるとCMなどでフリーターにも人気の住宅ローンとかフリーターでも住宅ローン審査が厳しい銀行など迷うもの。

どこを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

とはいえ、今はずっと金利が低い状態が続いており全体の約40%の方が利用しているとい調査結果もあるようですね。

こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握してフリーターでも後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

今後、新築を購入する計画を立てている方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、住宅ローンの総返済額を把握できるのでやっておいたほうがいいです。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

もっと聞きたいことなどあれば、アルバイトをしているフリーターでも審査に通りやすい銀行のスタッフに詳しく確認するのもありだと思います。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫また審査が厳しいなどとも最近口コミで言われているインターネットバンキングでも受付ています。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも判断されるので「ヤバいかも?」と、万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申請するほうが絶対良いですよ。

これから住宅ローンを借りたいという方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

データでは、フリーターの場合ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

住宅ローン審査に通りやすいとか金利だけ比較すると安いと感じる銀行もありますが、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、実は高くて損をしてしまったということも。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれをしっかりシュミレーションした上で比較しましょう。

具体例を挙げると、保証料や繰上げ返済手数料が無料の銀行は、思ってもいない部分で費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

住宅ローンを返済中の方には金利が低い銀行への借り換えをもし審査が通るのならば・・・とご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

 

 

フリーターが住宅ローンを借りる方法は?

フリーターが住宅ローンを借りたり借り換えたりすることはできるのでしょうか?。

借り換えをする事で、毎月の返済額を減らし返済しやすくすることができます。

ですが、借り換えをして必ずメリットがあると考えるのは早計です。

なぜなら、借り換えに数十万単位の諸費用が必要になります。

フリーターが無料で住宅ローン借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換え検討してるんだったらその諸費用も含め返済金額が解るシュミレーションを利用しフリーターにも人気の高い審査が通りやすい銀行などいおいてあなたが借り換えをした場合メリットがでるのかどうかしっかり計算しましょう。

妻にせがまれてマイホームの検討を始めた際、一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なのでせっかくなら審査が厳しいとか、条件や評判を気にして選びたいところです。

その時フリーターの人に参考になるのが、インターネットの口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり良い契約を結びたいと思っている人にとって参考になると思います。

住宅ローンの中には、審査が厳しいものも多いです。

中にはフラット35というちょっと特殊なローンもあります。

最大の特徴は、35年間という長期間借りたときからずっと金利が変わらない。

という点です。

フラット35は、最長35年間借入れ金利がが変わらないというのが最大のメリット。

住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

そんなフラット35の審査基準は、変わっているとはいえ、審査が厳しいかどうかはやはり年収を含めた支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

住宅の価値よりも収入を重視して審査を行います。

一般的な住宅ローンとなんら変わりありません。

これは、価値がある住宅ですと審査に通ることが多い、つまり通りやすいし、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

自分の家が欲しいフリーターの方、住宅ローンの借入れを考えている方は次のポイントを押さえておくと良いでしょう。

人生の中でも最大の買い物とも言える大きな商品です。

従って、金利が安いという理由だけで決めるのはちょっと危険かもしれないですね!総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる諸費用がかさむと、結果的に損してしまった…なんて方も少なくありません。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来の負担を抑えながら、金利やフリーターでも住宅ローン審査が厳しい銀行や条件を総合的に判断する事をお勧め致します。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

自分の家を買う時に現金払いができるこの様な事は、まず無いに等しいでしょう。

一般的には、審査が厳しいといわれる住宅ローンを申し込むという方法の借金をする事が多いです。

周りで借金を返している人の話を聞くとなんといっても、ローンの返済をやりくりするのが大変と思われる方が多いです。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつしかも、突然いろいろなアクシデントが起こるのが人生なのでローン返済中に事故や病気で入院。

という可能性もあり得ます。

そのため、慎重に考えてから住宅ローンの申し込みをしてください。

やっと新築を建てて住み始めてローンを返済している間に働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

多くの場合、団体信用生命保険も一緒に入るはずなので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、支給されるまでの期間が決められているものがあります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、そうした場合に備えて銀行住宅ローンの審査が通りやすい案件だとしても準備しておく事も大切です。